New Search

If you are not happy with the results below please do another search

28 search results for: "altruistic punishment"

1

A Response to Some Issues in Ted Sallis’s Blog

I recently became aware that Ted Sallis has been criticizing my book, Individualism and the Western Liberal Tradition (2019; hereafter Individualism) on his blog. Sallis is basically on-page with most of my work, including my work on Judaism as a group evolutionary strategy, and he has made great contributions in defending and promoting Frank Salter’s […]

2

A Negative Review of Individualism and the Western Liberal Tradition

A rather negative review of my book Individualism and the Western Liberal Tradition: Evolutionary Origins, History, and Prospects for the Future appeared by someone who calls himself thezman. I am not familiar with his blog, but he seems to be basically on the right side of things as indicated by its blogroll, which includes Vdare.com, AmRen, […]

3

西洋文化をユニークにしたものは何か (“What Makes Western Culture Unique”)

What Makes Western Culture Unique? 翻訳 Kevin MacDonald 西洋文化をユニークにしたものは何か 原文:http://www.kevinmacdonald.net/west-toq.htm   一般に、文化のユニークさは自然由来か教育由来かのどちらかである。これは昔から変わらない二項対立である。 しかし我々は現在これらの問題について昔よりもより良く扱える立場にあり、そして自然由来説と教育由来説のどちらも重要であることを説明しようと思う。 西洋文化は、どのような生物学的/進化論的理論でも予測がつかないほどの独特の文化的変貌を経験してきたが、同時にユニークな進化の歴史もあった。 西洋文化は、世界の他の文明や文化を築いた人々とは遺伝的に異なった人々によって構築された。 西洋文化が他の伝統的文明と比較してユニークな文化的プロファイルを持つことを以下で論じる。 1. カトリック教会とキリスト教 2. 一夫一妻制の傾向 3. 核家族が基本のシンプルな家族構造の傾向 4. 結婚が両性の合意に基づいており、相互の愛情を基本にする傾向が強い 5. 拡大血縁(extended kinship relationships)とその互恵関係の重視を避け、エスノセントリズムが比較的弱い 6. 個人主義へ向かう傾向。国家に対する個人の権利、代議制政府、道徳の普遍主義化、自然科学へ向かう傾向 私のバックグラウンドは進化生物学の分野であり、性の進化論を扱った時に最初に感じた疑問の一つは、「なぜ西洋文化は一夫一妻制なのか?」だった。 性の進化論は非常にシンプルである。女性は生殖に多大な投資が必要である。妊娠、授乳、そして育児は大抵膨大な時間を要求する。 その結果、女性の生殖には厳しい制約がある。最高の条件を用意してもらっても、最大でも20人程度の子どもしか育てようがない。 しかし、男性にとっては生殖のコストは低い。結果として、男性は複数の配偶者から恩恵を得ることも可能で、富と力を持つ男性はそれを活用して可能な限り多くの配偶者を確保することも期待できる。 要約すれば、富と力を持つ男性による集中的な一夫多妻制は男性にとって最も適切な戦略であり、個々人の男性の生殖の成功にとって最も適切な振る舞いである。 この理論は十分に支持されている。世界中の伝統的な社会では、富と生殖活動の成功との間に強い関連性がある。裕福で力のある男性は非常の多数の女性をコントロールできる。 中国、インド、イスラム社会、新世界文明、古代エジプト、古代イスラエル等の世界中の全ての伝統的文明のエリート男性は、大抵数百人から数千人にもなる側室を持っていた。 サブサハラ・アフリカでは女性は一般的に男性の扶養なしで子どもを育てることができるので、結果として、男性はできるだけ多くの女性をコントロールするために競争する低レベルの一夫多妻制になった。 これらいずれの社会においても、これらの関係から産まれた子どもは合法的だった。彼らは財産を相続することができ、世間から蔑まれることもなかった。 中国の皇帝には数千人の側室がおり、モロッコのスルタンは888人の子どもを持つことでギネスブックに登録されている。 勿論、一夫一妻制が標準の社会は他にもある。生態学的に課せられた一夫一妻制と社会的に課せられた一夫一妻制とを区別することが一般的である。 一般に、生態学的に課せられた一夫一妻制は、砂漠や寒冷地等の非常に過酷な生態的条件への適応を強いられた社会で見られる。 このような過酷な条件下では、各男性の投資は一人の女性の子供達に向かわざるを得ず、更に多くの女性をコントロールすることは不可能である。 基本的考え方としては、過酷な条件下では女性は一人で子どもを育てることが不可能で、男性からの手助けが必要である。 このような条件が、進化論的に意味を成すほど長期間続いた場合には、人口は一夫一妻制に向かう強い傾向を発達させると予想できる。 実際に、一夫一妻制の傾向が強くなりすぎると、生態学的条件の変化に直面した場合でも一夫一妻制に向かう心理的・文化的傾向へとつながることが予想できる。 私はヨーロッパ人の進化で正にこのことが起きたのだと提案しており、以下で詳述する。 Richard Alexanderは”socially imposed monogamy” (SIM)[社会的に課せられた一夫一妻制]という用語で、過酷な生態的条件なしの一夫一妻制を定義した。 過酷な条件とは男性が直接子供を養育せざるを得ない条件のことを指す。それ以外の状況では、男性は自分にできる限り多数の妻を持つために競争すると予想でき、一般的にもそうなる。   西洋のユニークさの最初の例 世界の他の経済的先進地域の文化は、成功した男性による一夫多妻制が特徴であるのに対して、西洋社会には古代ギリシャ・ローマから現代にいたるまで一夫一妻制の強い傾向がある。 […]

6

What we’re up against: White liberals rejoice at Whites becoming a minority

I know I spend too much time on Twitter, but this definitely caught my attention: Is it strange that I’m rejoicing in the fact that whites are losing the majority demographic, when I’m white? — Liz “Bama” #GoodTrouble #TeamFlowers (@bamableu) August 22, 2021 Yes, of course, it’s strange. What other definable group rejoices that they […]

7

The Psychology of Moral Communities, Part 5 of 5: Psychological Mechanisms for a White Renaissance

Go to Part 1 Go to Part 2 Go to Part 3 Go to Part 4 Psychological Mechanisms for a White Renaissance In general, individualists are less ethnocentric than others, but this does not imply that they are incapable of ethnocentrism. It makes sense a priori to suppose that natural selection would act to make humans—even […]