New Search

If you are not happy with the results below please do another search

27 search results for: Jennifer Rubin

2

Jennifer Rubin’s Self-Serving Analysis of the Norwegian Terror

Award for the most idiotic (not to mention self-serving) comment on the events in Norway goes to Jennifer Rubin, a neocon publicist with access to the elite media (and a remarkably low threshold for detecting anti-Semitism). Writing in her blog for the Washington Post (“Norway Bombing“), she quotes Thomas Joscelyn writing in (surprise!) The Weekly Standard: […]

3

“従来の前提”はユダヤ人の影響力の説明に失敗している: Japanese Translation of “The Default Hypothesis Fails to Explain Jewish Influence”

The “Default Hypothesis” Fails to Explain Jewish Influence 翻訳 “従来の前提”はユダヤ人の影響力の説明に失敗している Abstract ユダヤ人運動が最近の数十年で欧米で起きた変動で担った役割について、議論が続いている。 ここでは、ユダヤ民族の影響力に関連すると考えられている複数の問題に答える。ユダヤ民族の影響力と1965年の米国移民法制定のユダヤ民族コミュニティの役割をユダヤ人の高いIQと都市居住で説明する”default hypothesis”(従来の前提)を特に扱う。 その他に、ユダヤ民族のエスノセントリズム、近親婚と人種間結婚の扱い、ディアスポラユダヤ人がイスラエル・米国に対して移民するときの偽善性の問題を含む。   WW2後の米国には、影響力のある”ユダヤ人エリート”が出現した。彼らは、移民・公民権・アメリカ文化の世俗化等の幅広い問題に関してユダヤ人活動家やユダヤ人団体の間で事実上の合意を形成できた。 ユダヤ民族による移民推進運動は以下から構成された。 人間にとって人種は全く重要ではないと宣伝する知的運動。 反移民制限主義組織の設立と人員と資金提供。 著名な非ユダヤ人を反移民制限主義の組織に勧誘。 比較的均質な白人多数派への恐怖によって民族構成の現状維持を拒否。 議会や行政で主導権を確保。   米国内のWW2後のユダヤ人エリートの台頭と移民政策への影響力   Introduction   ネイサン・コフナス(2021)は、ケヴィン・マクドナルドの”The Culture of Critique”(1998/2002)等々の学術書や論文に対して、”アンチ-ユダヤ的文脈”だと非難している。 一般的にこの学問分野は以下のことを扱う。20世紀の特定の強力な知的・政治的運動が、ユダヤ民族の自己利益を促進する目的で形成されユダヤ人に主導されたのかどうか。 つまり、特定の運動に参加したユダヤ人の割合が高いかどうか、ユダヤ人全体がエスノセントリックかどうか、ユダヤ人の近親婚と人種間結婚の割合、多くのユダヤ人が特定の運動を意識していたかどうかは、この分野の研究を左右しない。 この論文の焦点は、強力な運動を主導したユダヤ人のユダヤ人アイデンティティ、セム主義批判との戦いをはじめとする彼らのユダヤ民族特有の関心とこれらの運動の原動力(民族的ネットワーク、カリスマ的人物を中心に凝集する能力、名門大学やメディアを通じた連携、組織化されたユダヤ人コミュニティの関与、運動に参加する非ユダヤ人とその動機)の説明にある。   ユダヤ民族コミュニティは明らかに一枚岩とは呼べないが、特定の時代には特定の問題に関する実質的な合意の形成もあった。 個々の有力なユダヤ人、もしくは別個の有力なユダヤ人知的運動が、特定のユダヤ人の知的運動を批判する場合もある。例として、1930年代からのスターリン主義左翼とトロツキスト左翼の決裂がある。 米国での親イスラエル・ロビーに反対するMondoweissやJewish Voice for Peaceもユダヤ民族の運動として合理的に検討しうる。 しかし、ユダヤ人運動がイスラエルに批判的な組織を成していることを立証するには、創始者や運動の主導者がユダヤ人としてのアイデンティティを持っているかどうか、自分達の運動がユダヤ民族の利益の促進につながると考えているかどうか、議論の必要がある。 例えばユダヤ人によるイスラエル批判は、米国の対イスラエル政策への強力なユダヤ人の影響を、ユダヤ人が不誠実だという認識(イスラエル建国後、米国のユダヤ人の間では主流の考えだった)を促進していると考えての行動かもしれない。 また、パレスチナ人に対するイスラエルの行動を、長期的にイスラエルの利益を害していると考えての行動かもしれない。(e.g.,Mearsheimer & Walt, 2008; a 2013 servey found 44% of U.S. […]

4

Media Go Wild for Child-Porn Friendly Judge

These were Google’s top headlines this week about the hearings on President Biden’s Supreme Court nominee, Ketanji Brown Jackson: White House chief of staff Ron Klain hits back at Sen. Ted Cruz — Business Insider, April 4, 2022 Cory Booker demolishes GOP attempts to smear Ketanji Brown — Washington Post, April 5, 2022 Lindsey Graham Throws An Impotent […]

5

Sleepwalking into a Non-White Future

“About six-in-ten White adults of all ages say the declining share of White people in the population is neither good nor bad for society.” Pew Research Center, August 23 2021 I was fascinated and frustrated by a recent series of polls conducted by the Pew Research Center on attitudes toward America’s declining White population. While […]

7

What we’re up against: White liberals rejoice at Whites becoming a minority

I know I spend too much time on Twitter, but this definitely caught my attention: Is it strange that I’m rejoicing in the fact that whites are losing the majority demographic, when I’m white? — Liz “Bama” #GoodTrouble #TeamFlowers (@bamableu) August 22, 2021 Yes, of course, it’s strange. What other definable group rejoices that they […]